FC2ブログ

おおかわ動物病院。

おおかわ動物病院(守谷市)からのお知らせ。。

診療時間変更のお知らせです

2月27日(木曜日)はセミナー参加のため、
午後17時30分までの診療とさせて頂きます。

午前中は通常診療致します。

ご迷惑をおかけ致します。
申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

クレジットカードはお使い頂けるようになりました。

現在、動物病院用保険アイペットの70%、50%と、
動物病院用保険アニコム70%、50%の窓口精算が可能です。
他にも動物病院でどんな病気・手術が対応できるかなど、
基本的には診察室内でお伝えしていたことをもうすぐ完成のはずの新HPでもお伝え致します。

基本方針としましては、相談の上、家での看病体制がきちんとあれば、
外科手術後の入院はより短期間として、
入院そのもののストレス(食欲や元気の低下・胃腸炎)をより少なくしたいと考えております。
自宅での運動制限管理は必須ですが、
椎間板ヘルニアや骨折の手術後でも1泊2日で退院することもあります。
手術としてはより異物反応が起きにくい手術法や縫合糸の使用を行っています。

手術以外の治療も通院可能であれば、希望や相談の上、
初期治療をしっかりとして短期間の治癒をめざし、入院せずの治療も提示します。

希望や必要があれば体制の整った2次病院への紹介や専門医対応を行います。
例えばMRI検査が当院での治療に必要な時は、主に埼玉県川口市の検査センターに行って頂くなどもございます。
全ての状況で行えるわけではないですし、リスクなどを含めて飼い主の方の同意などにもよりますが、
ここのところだと一般的なもの以外では以下のようなものを対応しました。


内科
椎間板ヘルニア
アナプラズマ感染症(全国的に稀で学会受賞論文発表に協力しました)
フィラリア感染症
免疫介在性血小板減少症
免疫介在性溶血性貧血
免疫介在性多発性関節炎
蛋白喪失性腸症
膵臓外分泌不全症
膵炎性重症嘔吐
糖尿病
特発性てんかん症
特発性脳炎
特発性前庭障害
前立腺炎
甲状腺機能亢進症
甲状腺機能低下症
副腎機能亢進症(クッシング症候群)
副腎機能低下症(アジソン病)
僧房弁閉鎖不全症
難治性皮膚病
など

外科
椎間板ヘルニア
結腸亜全摘(猫の巨大結腸などに適応)
胃腸内異物摘出
胆のう摘出
肝臓生検
会陰ヘルニア整復
会陰尿道造瘻(包皮を筒状に温存する包皮転移術)
子宮蓄膿症
子宮筋症
乳腺部腫瘍、繊維肉腫など体表腫瘍
膀胱内結石摘出
膀胱内腫瘤切除
尿道内結石摘出
橈骨・尺骨骨折整復
脛骨・腓骨骨折整復
大腿骨頭切除
前十字靭帯断裂整復
など



スポンサーサイト



  1. 2020/02/20(木) 21:27:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

診療時間変更のお知らせです

1月29日(曜日)は獣医師会絡みの会議に出席するため、
午前のみの診療とさせて頂きます。
午後は休診致します。

2月9日(曜日)は守谷ハーフマラソン通行規制のため、
午前休診となります。
午後は通常診療致します。

ご迷惑をおかけ致しますが、
よろしくお願い致します。

クレジットカードはお使い頂けるようになりました。

現在、動物病院用保険アイペットの70%、50%と、
動物病院用保険アニコム70%、50%の窓口精算が可能です。
他にも動物病院でどんな病気・手術が対応できるかなど、
基本的には診察室内でお伝えしていたことを作成途中の新HPでもお伝え致します。

基本方針としましては、相談の上、家での看病体制がきちんとあれば、
外科手術後の入院はより短期間として、
入院そのもののストレス(食欲や元気の低下・胃腸炎)をより少なくしたいと考えております。
自宅での運動制限管理は必須ですが、
椎間板ヘルニアや骨折の手術後でも1泊2日で退院することもあります。
手術としてはより異物反応が起きにくい手術法や縫合糸の使用を行っています。

手術以外の治療も通院可能であれば、希望や相談の上、
初期治療をしっかりとして短期間の治癒をめざし、入院せずの治療も提示します。

希望や必要があれば体制の整った2次病院への紹介や専門医対応を行います。
例えばMRI検査が当院での治療に必要な時は、主に埼玉県川口市の検査センターに行って頂くなどもございます。
全ての状況で行えるわけではないですし、リスクなどを含めて飼い主の方の同意などにもよりますが、
ここのところだと一般的なもの以外では以下のようなものを対応しました。

内科
椎間板ヘルニア
アナプラズマ感染症(全国的に稀で学会受賞論文発表に協力しました)
フィラリア感染症
免疫介在性血小板減少症
免疫介在性溶血性貧血
免疫介在性多発性関節炎
蛋白喪失性腸症
膵臓外分泌不全症
膵炎性重症嘔吐
糖尿病
特発性てんかん症
特発性脳炎
特発性前庭障害
前立腺炎
甲状腺機能亢進症
甲状腺機能低下症
副腎機能亢進症(クッシング症候群)
副腎機能低下症(アジソン病)
僧房弁閉鎖不全症
難治性皮膚病
など

外科
椎間板ヘルニア
結腸亜全摘(猫の巨大結腸などに適応)
胃腸内異物摘出
胆のう摘出
肝臓生検
会陰ヘルニア整復
会陰尿道造瘻(包皮を筒状に温存する包皮転移術)
子宮蓄膿症
子宮筋症
乳腺部腫瘍、繊維肉腫など体表腫瘍
膀胱内結石摘出
膀胱内腫瘤切除
尿道内結石摘出
橈骨・尺骨骨折整復
脛骨・腓骨骨折整復
大腿骨頭切除
前十字靭帯断裂整復
など



  1. 2020/01/22(水) 17:40:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

診療時間変更のお知らせです

年末年始は12月29日午前までで診察終了になります。
1月3日まで休診とさせていただきます

ご迷惑をおかけ致します。
申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

遠方から通勤の動物看護師さんのシフトの関係により、
当面水曜日の午前8時半~午前9時半まではケアとしての爪切り処置等をお断りすることがあります。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

ご要望が多かったクレジットカードの取り扱いを始めています。

現在、動物病院用保険アイペットの70%、50%と、
動物病院用保険アニコム70%、50%の窓口精算が可能です。
他にも動物病院でどんな病気・手術が対応できるかなど、
基本的には診察室内でお伝えしていたことを新しく作成中のHPでもお伝え致します。

基本方針としましては、相談の上、家での看病体制がきちんとあれば、
外科手術後の入院はより短期間として、
入院そのもののストレス(食欲や元気の低下・胃腸炎)をより少なくしたいと考えております。
自宅での運動制限管理は必須ですが、
椎間板ヘルニアや骨折の手術後でも1泊2日で退院することもあります。
手術としてはより異物反応が起きにくい手術法や縫合糸の使用を行っています。
手術以外の治療も通院可能であれば、希望や相談の上、極力入院せずの治療を提示します。

希望や必要があれば体制の整った2次病院への紹介や専門医対応を行います。
例えばMRI検査が当院での治療に必要な時は、主に埼玉県川口市の検査センターに行って頂くなどもございます。
全ての状況で行えるわけではないですし、リスクなどを含めて飼い主の方の同意などにもよりますが、
ここのところだと一般的なもの以外では以下のようなものを対応しました。

内科
椎間板ヘルニア
アナプラズマ感染症(全国的に稀で学会受賞論文発表に協力しました)
フィラリア感染症
免疫介在性血小板減少症
免疫介在性溶血性貧血
免疫介在性多発性関節炎
蛋白喪失性腸症
膵臓外分泌不全症
膵炎性重症嘔吐
糖尿病
特発性てんかん症
特発性脳炎
特発性前庭障害
前立腺炎
甲状腺機能亢進症
甲状腺機能低下症
副腎機能亢進症(クッシング症候群)
副腎機能低下症(アジソン病)
僧房弁閉鎖不全症
難治性皮膚病
など

外科
椎間板ヘルニア
結腸亜全摘(猫の巨大結腸などに適応)
胃腸内異物摘出
胆のう摘出
肝臓生検
会陰ヘルニア整復
会陰尿道造瘻(包皮を筒状に温存する包皮転移術)
子宮蓄膿症
子宮筋症
乳腺部腫瘍、繊維肉腫など体表腫瘍
膀胱内結石摘出
膀胱内腫瘤切除
尿道内結石摘出
橈骨・尺骨骨折整復
脛骨・腓骨骨折整復
大腿骨頭切除
前十字靭帯断裂整復
など
  1. 2019/12/19(木) 22:18:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

診療時間変更のお知らせです

急な変更で申し訳ございません。
本日午後は17時半から診察いたします。
ご迷惑をおかけ致しますが、
よろしくお願い致します。
  1. 2019/12/11(水) 15:28:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

診療時間変更のお知らせです

11月3日(曜日)は卒業後初の中学同級生同窓会のため、
午前11時までのみの診療とさせて頂きます。
午後も休診致します。

11月10日(曜日)はセミナー参加のため、
午前のみの診療とさせて頂きます。
午後は休診致します。

11月14日(曜日)は土浦での獣医師会絡みの会議に出席するので、
午前中は通常診療、
午後は17時からの診療
とさせて頂きます。

11月21日(曜日)は水戸での獣医師会絡みの会議に出席するので、
午前中は11時までの診療、
午後は18時30分からの診療
とさせて頂きます。

14日、21日は会議の遅れや渋滞等があると午後の診療が変更されることがあり得ます。

11月23日(曜日はセミナー参加のため臨時休診とさせて頂きます。

11月は変更が多く申し訳ございません。
ご迷惑をおかけ致しますが、
よろしくお願い致します。

遠方から通勤の動物看護師さんのシフトの関係により、
当面水曜日の午前8時半~午前9時半まではケアとしての爪切り処置等をお断りすることがあります。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い致します。

4月22日(月)からご要望が多かったクレジットカードの取り扱いを始めました。

現在、動物病院用保険アイペットの70%、50%と、
動物病院用保険アニコム70%、50%の窓口精算が可能です。
他にも動物病院でどんな病気・手術が対応できるかなど、
基本的には診察室内でお伝えしていたことを新しく作成中のHPでもお伝え致します。

基本方針としましては、相談の上、家での看病体制がきちんとあれば、
外科手術後の入院はより短期間として、
入院そのもののストレス(食欲や元気の低下・胃腸炎)をより少なくしたいと考えております。
自宅での運動制限管理は必須ですが、
椎間板ヘルニアや骨折の手術後でも1泊2日で退院することもあります。
手術としてはより異物反応が起きにくい手術法や縫合糸の使用を行っています。
手術以外の治療も通院可能であれば、希望や相談の上、極力入院せずの治療を提示します。

全ての状況で行えるわけではないですし、
希望や必要があれば体制の整った2次病院への紹介や専門医対応を行います。
例えばMRI検査が当院での治療に必要な時は、主に埼玉県川口市の検査センターに行って頂くなどもございます。
リスクなどを含めて飼い主の方の同意などにもよりますが、
ここのところだと一般的なもの以外では以下のようなものを対応しました。


内科
椎間板ヘルニア
アナプラズマ感染症(全国的に稀で学会受賞論文発表に協力しました)
フィラリア感染症
免疫介在性血小板減少症
免疫介在性溶血性貧血
免疫介在性多発性関節炎
蛋白喪失性腸症
膵臓外分泌不全症
膵炎性重症嘔吐
糖尿病
特発性てんかん症
特発性脳炎
特発性前庭障害
前立腺炎
甲状腺機能亢進症
甲状腺機能低下症
副腎機能亢進症(クッシング症候群)
副腎機能低下症(アジソン病)
僧房弁閉鎖不全症
難治性皮膚病
など

外科
椎間板ヘルニア
結腸亜全摘(猫の巨大結腸などに適応)
胃腸内異物摘出
胆のう摘出
肝臓生検
会陰ヘルニア整復
会陰尿道造瘻(包皮を筒状に温存する包皮転移術)
子宮蓄膿症
子宮筋症
乳腺部腫瘍、繊維肉腫など体表腫瘍
膀胱内結石摘出
膀胱内腫瘤切除
尿道内結石摘出
橈骨・尺骨骨折整復
脛骨・腓骨骨折整復
大腿骨頭切除
前十字靭帯断裂整復
など




  1. 2019/10/29(火) 23:38:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ